白イカ沖漬け(瓶)

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

 

獲れたての白イカ(ケンサキイカ)を漬けました

山陰ではケンサキイカを白イカと呼びます。

海彦が漁師をしている島根県大田市での白イカ漁は6~9月にかけて最盛期となります。
釣りたての白イカは透明っぽい白で、その後赤くなるため、関東では”赤イカ”と呼んでいるそうです。

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け釣りたての白イカ(赤くなったものや透明なものもいます)

そんな釣りたて、獲れたての白イカをすぐにタレに漬け込みました。

新鮮な状態でタレに漬け込むため、刺し身のようなプリプリ食感が残ります。

さらに、タレは日本料理屋で約10年も修行を重ねた職人が優しい味に仕上げたもの。

美味しい沖漬けが出来上がりました!

■海彦の通信販売で直接購入は↓

 

ご飯にも、お酒にも合う!

タレの味付けと、白イカの切り方は何度も試行錯誤を重ねました。

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

イカを切る太さで食感が全く違います。

さらには、タレそのものの味ももちろんですが、イカの太さと寝かす時間で染み込み方も違ってきます。

細すぎても太すぎてもダメ。

何度も試行錯誤の結果、抜群と思われる太さにたどり着きました。

 

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

黄身との相性は抜群!

ネギとゴマを振るだけで、映え料理になっちゃいます(笑)

 

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

ご飯にのせちゃうと、もう箸が止まりません!

絶品の沖漬け丼の完成!

■海彦の通信販売で直接購入は↓

沖漬けを使った料理

ご飯にもお酒にも合う白イカの沖漬け。

味が濃いすぎず、薄くもないため、色々な料理にできちゃいますが、海彦スタッフが「美味いっ!」と思った沖漬け料理を紹介します♪

バター炒め

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

沖漬けをバターで炒めるだけ!
好みでマヨネーズやニンニクなど少々。

炒めてる最中からいい香りがしてきて、食欲をそそります。

 

クリームチーズ和え

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

沖漬けとクリームチーズを混ぜて、電子レンジでチン。

イカとチーズ?

なんて思ったアナタ。

一度は試してもらいたい絶妙な相性に驚きますよ!

 

漁師の挑戦は続きます

獲れたてで新鮮なのは当たり前。

海彦オンラインショップ_白イカ沖漬け

ですが、白イカに限らず、常に獲れ続ける訳ではありません…。

さらに、冬の日本海は時化で荒れる日ばかり。
海に出られない日だらけです。

自然に左右される漁師は苦難の道ですが、獲ってきたものを”美味しい”と食べていただいたときに、全てが報われる思いです。

そんな”美味しい”が常に届けれるように…。

こうして創り出したのが「海彦の漁師シリーズ」であり、この沖漬けです。

是非ともご賞味いただき、あなたの”美味しい”の声をいただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました